診療案内

インプラント

診療時間
午前 9:30~12:30 × ×
午後 3:00~6:00 ×

「インプラント」という、治療方法

implant_00

「インプラント」とは、歯の抜けたところに、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨に固定した後、その上に人工の歯を製作し装着する方法です。
天然の歯と同様の、健全な咀嚼運動(噛み砕き、飲み込む運動)ができるようになります。

 

以下にインプラントのメリットと、多く寄せられる疑問にお答えします。

インプラントのメリット

他の歯を削る必要がありません

implant_merit-01

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという方法が取られていました。しかし、インプラントならぬけた部分のみにインプラントを行うことができるので、他の歯を削る必要がありません。

咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります

implant_merit-02

たくさんの歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントにすると、本来の歯数のバランスがとれますので、咬合圧(かむ力)による負担が少なくなります。

取り外さないですみます

implant_merit-03

奥歯が抜けている場合、従来の方法では、取り外しする入れ歯でしたが、インプラントすると、取り外さないですむブリッジが入れられますから、しっかりと固定され、安心して食事ができます。

インプラントに多く寄せられるQ&A

  • インプラントは従来の方法とどのように違いますか?
  • インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける留め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。

    また製作された人工の歯もピッタリと固定されてますから、固いものでも楽に食べられるようになります。

  • インプラントをして、体に影響はありませんか?
  • マイティス・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

    他のインプラントシステムと比較しても、さらに生体と馴染みやすく、身体に全く影響はありません。

  • インプラントは、どのくらいもちますか?
  • インプラント自体は材料的に考えると半永久的なものです。しかし、実際に考えなければならないことは、生体との調和です。したがってその寿命は、患者さんのお口の手入れによってきまります。天然歯と同様に、手入れが悪ければインプラントの寿命も短くなります。

    治療後の口腔内衛生管理はとても大切ですので歯科医師、衛生士の指導にしたがってお手入れの方法を学んでください。

  • インプラントは、どんな人に適していますか?
    • 取り外しの入れ歯が嫌いな人、または仕事その他の事情で不都合な人 歯が抜けたところを治療するために残った歯を削られたくない人 入れ歯で、発音や発声に不便を感じている人 総入れ歯が合わず、生活にも支障をきたし、不快感を抱いている人 歯周疾患などでたくさんの歯がなくなり、入れ歯を装着すると残っている歯に悪影響を及ぼすと考えられる人
  • インプラント手術時は痛くないでしょうか? どれ程の時間がかかりますか?
  • インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、麻酔して行いますから、痛みは心配ありません。インプラントの手術は、綿密な計画の下に行われますので、手術時間の概要については事前の審査診断により決定されます。

    インプラントを植立する場所、本数、その他の要因により手術時間が異なりますので詳しくは医師にご相談下さい。

    ※ただし、年齢、口腔状態などのよっても、個人差がありますので、医師の説明をよく聞いて下さい。

  • 何回も通院が必要ですか?
  • インプラントを顎(あご)の骨に植え込む1次手術と、インプラントが顎(あご)の骨と生着した後にインプラント用の人工歯を取り付ける支台を装着する2次手術、そして歯列の型を採る印象採得、その模型を用いて製作したインプラント用人工歯の装着、その他などで最低でも6~8回の通院が必要です。

    また1次手術から最終人工歯の装着までの期間は、年齢、口腔状態により個人差(約4ヶ月~1年半位)がありますので、医師の説明をよく聞いて下さい。

  • 年齢その他で、インプラントができない場合がありますか?
  • インプラントは、体調に問題がなければ、若い人から高齢の方まで治療を受けることができます。

    高齢で顎(あご)の骨の少ない方は、特別な方法でインプラントすることもできますので、担当の医師にご相談下さい。

  • インプラントを入れたら、歯科医院に行かなくても良いのでしょうか?
  • 人間の体は年齢とともに変化してゆきますから、インプラントも定期的に調整する必要があります。定期検診で適切な処置をしておくことが、インプラントの寿命を延ばすことにつながります。

    インプラントは、体調に問題がなければ、若い人から高齢の方まで治療を受けることができます。

    高齢で顎(あご)の骨の少ない方は、特別な方法でインプラントすることもできますので、担当の医師にご相談下さい。

  • インプラント治療後のお口の手入れは特別な方法が必要ですか?
  • 天然の歯とインプラントの形態は同じではありません。そこでハブラシだけではなく、インプラントの形態に合わせた補助掃除器具を使用する必要があります。医師や衛生士から教えられた掃除方法で、毎日必ずお口の中を掃除して下さい。

  • インプラント治療後に他の歯が悪くなった場合は、やり直さなければならないのですか?
  • たとえ周りの歯が悪くなって抜けてしまっても、その部分に新しいインプラントを植立し、上部に装着する人工の歯を追加することで、再び本来の機能や美しさを回復できます。

  • インプラントの費用は?
  • インプラントの治療費は、手術料とインプラントの材料費、インプラントに装着する義歯の費用の合計です。担当の医師の説明をよく聞いた上で、お支払い方法も含めよくご相談下さい。

    ※健康保険は使えませんが、医療費控除の対象となります。

インプラントの応用

implant_99

他院で骨が薄いためインプラントが出来ないという方への特殊な治療法や、インプラントを利用して入れ歯を固定する方法もあります。

骨の量が不足している場合のインプラント

インプラントを埋め込むためには相当量の骨が必要になります。それが不足している場合はサイナスリフト、GBRなどで骨を増やすことによって解決できます。

    • 通常の状態
      インプラントを埋め込むためには相当量の骨が必要になります。それが不足している場合はサイナスリフト、GBRなどで骨を増やすことによって解決できます。
    • 歯を失くした状態
      歯がなくなると、歯槽骨の吸収し、上顎洞も拡大します。
  • 骨量の不足
    この状態では奥の2本にインプラントを入れることができません。
  • サイナスリフト
    そこでサイナスリフトという方法を使ってインプラントが埋め込めるようスペースを作ります。サイナスリフトは骨質・骨量によりさまざまな術式があります。

インプラントを利用して入れ歯を固定する方法

埋め込む本数は4本が理想ですが、骨の状態により部位や本数は変わります。詳しくはご相談ください。

  • 入れ歯の固定
    骨が不足して入れ歯が安定しない場合や、入れ歯を小さくしたい場合インプラント>にアタッチメントを用いて固定する方法です。
  • お口の中の状態
    インプラントを2~4本埋め込みそれぞれにアタッチメントをつけ入れ歯を固定します。
  • 入れ歯の状態
    入れ歯側にもアタッチメントを取り付けます。この場合はマグネットで固定しました。
pagetop